週刊そろもん研究所(仮)

とりあえず、少し長い文章を書きたかったから。書きたい事を書くだけのラボ。

【Update 2.3ver】2台のPCを切り替えて、同じモニター・マウス・キーボード・スピーカーを使う環境を構築してみた(続)

こんにちは~

今更ながら旅行の記事を書こうとも思ったんですがw

メンドクサクなってしまったのでwフェリーからの朝日だけアップしときます。

フェリーは毎回乗ってますが、普通に眠れるし。なんだか全然飽きませんね~。

いつか、あの京都~北海道のフェリー乗って。

北海道一周旅行してみたいw各地グルメしてしまい…なんか太ってしまいそうwww

そのささやかな夢のためにも、投資で旅行資金をどんどん増やす目標っ!!

というか、最近全く投資に意識が行ってないやw・・・ちょい気合入れないと!w

 

前回の記事のパーツに不具合が見つかりました

前回の記事で使用したUSB切り替え機が動作不良(時々切断する)を起こした為。

全く安定しておらず切断頻度が酷くなるかもで、PCへのダメージもあるかもなので。

これの使用を止めて、いろいろ試して別の方法を模索してました。

あと、スピーカーもノイズを結構拾う為に、繋ぎ方を少しだけ工夫してみました。

 

今回の改善に使用したパーツ

USB延長ケーブルとUSBハブ(写真に写ってない)は、100均のセリアで購入。

USBアダプターは、使っていないやつを使いました。

さてさて・・・これらで果たして一体何ができあがるのでしょうか??w

でっきるかな~でっきるかな~はてはて~ほほ~~~www

 

手動式USB切り替え

ま、こんなアナログ感にしました~w

なんと!ここで繋ぎ変えるだけで、『上』と『下』のPCを切り替え可能ですwww

利点としては、PC本体裏のUSBに刺しっぱなしなので。

PC本体のUSB端子部分には、差し替えで何度も繰り返されるダメージは一切なく。

もしも、USB端子が悪くなったとしても。USBハブか延長ケーブル交換で可能な点。

前面パネルUSB端子で繋ぎ変える感じも試したが、見た目も今回の方が断然最適。

 

スピーカーの電源を変更

USB給電式のスピーカーなので、最初は切り替え機やUSBハブに刺してましたが。

この方法ではどうも音にノイズが乗ってしまう為に、こういう感じにしました。

今も記事を書きながら、確認していますが。全くノイズを拾っておらず完璧動作~。

 

ちなみに、オーディオ配線は超絶テキトーな感じですwww

怪しい謎のイヤホンスプリッター 3.5mmは、何も問題なく動作しておりますw

こんなので2台のPCで1つのスピーカーを使えるのですから、謎テク素敵すぎるwww

以前同じ様な環境を作っていた時、SONYのオーディオセレクターとか使ってて。

スイッチ手動切り替えで3000円くらいしたかな?300円でこれとかホント感動の出来w

 

それでは~

主に音の動作確認で、またFF14ベンチマーク使いました~。

電磁波を防止するらしい?アメジストを飾りで昔からずっと置いてます。

『FFといったら、なんかクリスタル出て来るよな~w』って思い適当パシャリw

目の保養としての飾りに良いけど…こんなので電磁波防止バリアーとか無理ですwww

それでは、またです~。

2台のPCを切り替えて、同じモニター・マウス・キーボード・スピーカーを使う環境を構築してみた。

こんにちは~

今回は、先日買ったゲーミングPCを使う為に。

2台のPCを切り替え、同じモニター・マウス・キーボード・スピーカーを使う環境を。

構築しようと思い、少し買い物してやってみました。

もしも世界の誰かに参考になると、心から嬉しく思います。

 

今回購入した部品

 

・HDMIケーブル 1.5m

・USB切り替え機

・DVI-HDMI変換アダプター

・イヤホンスプリッター 3.5mm

 

ゲーミングPCをモニターに繋ぐケーブルが必要で、HDMI端子は1つしかなかった為。

DVI-HDMI変換アダプターも購入。HDMIケーブルver2.0だし、お手頃で良品でした。

あとは、2台のPCで4つまでのUSBが切り替え可能な機械と。

5入力→1出力と5出力→1入力の相互使用可能な不思議なオーディオスプリッターw

 

そして、接続して設置した風景

ゲーミングPCがコンパクトで軽いのもあり、カメの親子状態www

しかも、これどちらもiiyamaマウスコンピューター製なんですよw真の親子www

これ安定性はどうなんですかね?机か壁に少し倒れるだろうから、ま、いっか~。

USB切り替え機は、モニター裏に設置。視界にも入らないから、ここがベストかな。

 

使用した感想

モニターとキーボードマウスの2台PCの切り替えは、完璧動作でした。

問題は、スピーカーがほんの少しノイズ拾ってるかな?という高音が少しする。

音を出してると全く気にならないけど、使っているやつがUSB配電のものなので。

常にオンになるから、オフ可能なスピーカーに交換するか。もう1セット置くか。

ノイズを全く拾わないようにスプリッターの位置を微調整するかですかね?

まぁ一番はスピーカーを2セットが確実で簡単かな。手持ちもう1セットあるし。

 

それでは~

謎のオーディオスプリッター初見から怪しいな~とは思ったけど、やっぱwww

この手の1入力→2出力の分配ケーブルも買った事あるけど、ノイズ乗ってましたしw

その品よりは、遥かに良いんですが。まだまだダメかな。

ま、謎テクノロジーの試作的なw安い品なんでどうでも良いか~。

Amazon見ていると『ブルートゥース/USB/AUX3種類の接続に対応』という品あるし。

そんな新しいスピーカーを買うのも選択肢としては良いかも。

では、またです。

 

 

追記 ※修正がありますので、これもご参考下さい

saisarisu.hatenablog.com

iiyama PC LEVEL∞コンパクトゲーミングPCを買ってみた ~ ① とりあえず動作確認の巻 ~

こんにちは~

最近、涼しくなってきました。

というか、今朝はタオルケットでは寒くてwつい起きましたw

今までがすっと長期間暑かったのもあり、ちょっとミスりましたw

今日もクーラーなしで過ごせてるし、この秋の気候感は本当に清々しい~。

 

購入したPCの外観

こんな感じですね。コンパクトだけどエアーフローが良さそうなケース。

 

購入した価格とスペック

スペックもなかなか良く・・・衝撃の価格破壊www

更に自分は、MCJ優待の1万円商品券使用と付属のおまけを売却予定なので。

実質1万円ほどのゲーミングPCwしかも、中古保証3ヶ月も付いてるしw

これ以上のコスパの激有能なゲーミングPCもなかなかないでしょうwww

あと、検索するまで知らなかったのですが・・・これiiyamaマウス製でしたw

もはや、マウスコンピュータやMCJとの絆があるような気がw即決で買ったしw

ページ見てると、現行PCにも使われてるケースみたいですね。気に入りました!

 

今回買った主目的とは

とりあえず、Epic Gamesの毎週の無料配布で継続ゲットしており。

やってみたいゲームも56本となりましたから…ゲーミングが欲しくて欲しくてwww

他のSteamやAmazonGamingなどの全合計は、約300本はありますwww

PCスペックはこれら程度のゲームには、丁度良い感じで。『即買!』となりました。

 

GPUベンチマークと動作中温度

ドラクエ10

 

FF14

 

FF15

 

動作確認も含めて、GPUベンチマークソフトをやってみました。

ドラクエ10FF14は、サクサクの動作感で。FF15はギリ動くかなって感じですかね。

GTX 1660 SUPERより、少し弱いかなってくらいで。

まぁ1万ゲーミングPCの割にはwかなり出来る子かなと思いました。

気になるのは、高負荷時のGPU温度が83℃ですが。これは定格内みたいです。

後で、エアーフローを考えた掃除や、CPU・GPUグリス塗り替えをやってみて。

もしも、温度が下がったら。かなり良いかなとは思います!

 

SSD HDDの状態の確認

256GB SSD

 

500GB HDD

 

ぶっちゃけこれは・・・どちらもどうも稼働時間が多すぎるw

前回パソコン工房で買った中古PCのSSDは、新品だったので期待してたのですがw

ま、目玉の特価品だしwそんなに甘くはないですねw

特に、SSDは電源投入回数を考えると電源入れっぱなしジャーマンかな?www

印象として『FF14やらオンラインゲーマーが使っていたのかな?』って思ったw

まぁ、とりあえず自分としては動けばOKなので。黙ってゲーム専用に使いますw

もしもDiskinfoが『注意』表示になったら、入れ替えを考えますかね。

 

それでは~

まぁ若干の難ありな感ですがwかなり良いPCが手に入ったな~とは思いました。

次は内部確認と掃除などをして。PCとして最適化を少しやってみたい所!

では、またです。

コンクリート破損個所のDIY修理 ~ 珍しく軽く完結した補修の巻 ~

こんにちは~

最近では大変珍しく連投のブログとなりますw

何となく写真を撮っていたのですが、これは意外と役に立ちそうな気がして。

記事として残しておきました。では、早速どうぞ~。

 

使用する道具

実は・・・写真に写ってない大きい亀裂の補修に使っていたのですがw

残ったやつを今回の補修に使ってみました~。

『・・・その大きい亀裂が気になる~』という声が多そうですがw

気分的に大変でなんか必死な修理で全く撮ってないのでwご勘弁下さいませwww

 

施工工程

まず、壁の天井に大きな穴があったので。

このまま施工すると、ボトボト闇落ち確定なのでw

ノズルが入るくらいの穴を開けて、段ボールと布テープで箱状にして。

その穴から例の謎のセメントボンドを溢れるまで注入していきます。

そして、24時間して外したら・・・なんか固まってないwww

しかし、上方向には定着してるみたいで。そのままヘラで平らに均して放置。

基本落ちにくい素材感だったので、モルタルよりも作業はしやすかったです。

以前やっていたような軽い亀裂を埋める施工もこれでも良かったのかも?

しかし、壁の強度としては断然にモルタルでしょうけど。

このセメントボンドは柔軟性もあるみたいなので、最適な要所も結構あるでしょう。

 

それでは~

本職の大工の方から教えてもらった品物だし。

これ案外使えるボンドだな~と思って記事にしておきました。

世界の知らない誰かの役にも立つかもしれない情報だったので。

では、またです。

1円で売っているRakuten Hand 5Gを購入してみた。~14日使用感レビューの巻~

こんにちは~

1円で購入したRakuten Hand 5Gの使用も14日となったので。

その使用感などを適当に書いてみようかと思う。

 

【良かった点】Rakuten Linkを使った無料電話として完璧

現状のスマホでは、着信が上手く行かないパターンが多かったのですが。

Rakuten Hand 5Gは、着信動作が完璧になり。かけ放題の無料電話としては最強。

月額1000円で固定電話と携帯への発信通話が無料なので、必要経費としても最安。

 

【良かった点】スマホが軽くて携帯性能が高い

軽いので持ち疲れが全くない。長時間使うものなので、この利点はかなりデカい。

あと、厚さが薄い事もあって。ポケットに入れた感じ、存在感が薄いのもGood!

毎日常時使う物なので、こういう携帯性の高さはスマホ性能として優れていると思う。

 

【悪かった点】画面が小さく、タッチが上手く行かない事も。

他の小さい系のスマホもそうなんでしょうけど。

中指タッチでは、クリック出来なくて。人差し指タッチで上手く行く感じ。

こういう所は、多少操作感がまどろっこしく感じる。この点は画面大きい方に軍配。

 

総合的に考えて

処理能力や128GBメモリも悪くないし、電話しか使わない方には最強スマホかと。

まぁ、ゲームも最近の重いやつはどうか知らないけど、軽いやつは普通に動くし。

これが1円で購入できるのなら、全然アリな選択肢なんじゃないかなと思う。

迷っている人は、特に解約制限もないし。まず1ヶ月お試し感覚での使用をおすすめ。

まぁ、問題は使う場所によって、電波が入り辛かったりなのでw

使う個々で日常使用をちゃんと確認してから、継続使用を考えてみても良いと思う。

 

それでは~

続けて次の軽いDIY記事も書くのでw即行終わりますw

では、すぐまたですw

1円で売っているRakuten Hand 5Gを購入してみた。~購入の巻~

こんにちは~

今回は、今使っているOPPO Realme Qも購入から3~4年経ってしまい。

使用上全く問題や不満がないが、毎回2年くらいで買い替えていたスマホなので。

長年の楽天モバイルユーザーであるし、噂の激安スマホをお試し購入してみた。

 

Rakuten Hand 5Gとは

2022年2月14日発売時の価格が39800円な為、実売1円レベルの品ではないのは確かw

他のスマホはポイント還元などで『実質1円』は良く見る売り方で。

楽天市場で数万程度の買い物をする予定であれば、場合によってはお得でしょう。

Rakuten Hand 5Gはプラン契約ありますが、スマホを1円で購入可能な点は魅力的。

そんなので気軽に使い心地を少し確かめてみようかな?と思い購入しました。

しかし、この売り方は考えると・・・不安を覚えます。楽天モバイル続いて欲しい!!

 

Rakuten Hand 5Gのスペックと比較

製品名

Rakuten Hand 5G

ホワイト / クリムゾンレッド / ブラック

サイズ

約138 x 約63 x 約9.5 (mm)

重量

約134g

ディスプレイ サイズ / 種類

約5.1インチ / AMOLED

ディスプレイ 解像度

HD+ / 1,520 × 720

連続待受時間(LTE

約343時間

連続通話時間(LTE

約26.6時間

CPU

Qualcomm® Snapdragon™ 480 / オクタコア 2.2GHz + 2.0GHz + 1.9GHz + 1.8GHz

OS

Android™ 11

内蔵メモリ(RAM/ROM)

4GB (RAM) / 128GB (ROM)

メインカメラ(外側)

約6,400万画素 + 約200万画素(深度測位)

フロントカメラ(内側)

約1,600万画素

バッテリー容量

2,630mAh

ワイヤレス充電

-

おサイフケータイ

NFC

防水 / 防塵

〇 (IPX8 / IP6X)

生体認証(指紋 / 顔)

〇 / 〇

Wi-Fi 規格

IEEE 802.11 a/b/g/n/ac

テザリング (Wi-Fi)

10台

SIMタイプ

eSIM

付属品

USB Type-Cケーブルx1 / 3.5mmイヤホン変換アダプターx1 / クイックスタートガイド(保証書)/ 安全上のご注意

 

OPPO Realme Qと比較して。

 

・内臓RAM:6GB→4GB

・バッテリー容量:4035mAh→2630mAh

・ディスプレイサイズ:6.3インチ→5.1インチ

 

と若干のダウングレードしている点が、少し劣っていると思うが。

 

・重量:184g→134g

・内臓ROM:64GB→128GB

・ディスプレイ種類:IPS→有機EL

・メインカメラ:4800万画素→6400万画素

 

とアップグレードしている点で、年月での技術の進歩を感じる。

あと2.2GHzオクタコア+3コア(合計11コア)となり。処理能力も多分上がっていそう。

 

現状のスマホの問題点

基本全く不満がないのですが。

時々Rakuten Linkアプリの着信が上手く行かずに不在になる点。

まあ、こちらからかけ直すだけでOKなので、自分は全く問題ないのですがw

かける方からしたら『なんか繋がらんけど~はぁ?』とえらく不満なようでwww

Rakuten Hand 5Gだと、その問題(自分はどうでもイイw)が解決するでしょう。

あとは、現状のスマホの経年劣化(バッテリー劣化や本体自体の劣化)

やら今は大丈夫ですが、必需品で3~4年も経つと少し心配になってきました。

 

紹介キャンペーン

こういった紹介する人もされる人もWin-Winのキャンペーンも開催されています。

しかし、今回記事にした1円のRakuten Hand 5Gは対象外となっています。

それ以外のスマホを購入する場合は、大変に素晴らしくお得なキャンペーンです。

詳しい詳細は、こちらのページからご確認下さい。

 

それでは~

Rakuten Hand 5Gの商品発送は、昨日済んだみたいなので。

明日くらいにたぶん到着するでしょう。

まぁ、月額の関係上月初めから開通させるので、1週間ほど寝かせておきます。

たぶん、WiFiで使うのみなら大丈夫だとは思うけど。ケースもフィルムもないしw

ここは急いで使う必要性もないでしょう。では、またです。

 

 

 

関連記事

トイレのDIYリフォーム ~ ⑤ 余分なペンキ除去して仕上げの巻 ~

こんにちは~

今日は午前中は珍しく涼しく(それでも29℃w)

前回のペンキ塗りの飛び散りを除去して完成度を上げてみました。

これは簡単で軽い作業だったので、短時間で終わって良かった~。

やっぱ前回のペンキ塗りは大変でした~w酷暑でのDIYは避けるべきwキツっ!w

 

今回使用した道具

ヘラとシール剥がしと150番ヤスリ。

この中では、ヘラは全く使用せず。シール剥がしとヤスリのみで施工。

 

シール剥がしを使い、カンナでペンキを削るようなイメージで除去して。

次に、ヤスリで仕上げという工程で進めました。

あとペンキ剥がれと塗り忘れの個所は、プラモ用の筆で塗って仕上げて行きました。

 

無駄なペンキを除去した風景

こんな感じですかね~。

まぁマスキングさえキッチリやっておけばwこの作業は全く必要ないんで。

次に何かを塗る時は、マスキングはキッチリ完全にやっておこうかな~っと反省w

 

失敗は成功の基

まあこれって『失敗は成功の基』という所でしょうかね。

逆から考えると最初から失敗を恐れすぎて、何もしないと何も得る事はないでしょう。

実は『様々な物事は失敗を恐れない姿勢』こそ成功の基であるだろうし。

積極的に挑んでいく事で、結局物事は良い方向へ転がるんじゃないんでしょうか。

では、またです。